NPO明石ともしび会は心の病をもつ人を支援し共に活動しています

NPO法人明石ともしび会

NPO法人明石ともしび会

'' 精神障害者を持つ家族が兵庫県明石市に家族会(ともしび会ファミリーサークル)を発足させたのは1988年(S63)4月1日で、明石では初めての家族会でした。心の病を理解するために学び、研修会等に参加しています。人には話せない悩みや苦しみを家族が集い、お互いに語りあい励まし合い支えあっています。

 この家族会を母体にして、2008年(H20)7月22日に特定非営利活動法人(NPO法人)の認定を受け、NPO法人明石ともしび会が発足しました。

 この法人は、障害者に対して、障害者の小規模作業所の運営事業、障害者自立支援法に基づく事業、障害者の福祉と職業能力の増進を図り地域社会の各種団体と連携した事業を行い、障害者の雇用機会を拡充し地域社会の発展に寄与することを目的としています。''

NPO法人明石ともしび会の組織と役割

役割
・ 3作業所の運営及び家族会との連携
・ 公的機関(県、市、保健所、議会)との折衝
・ 職員の契約・解雇関連、新規採用
・ 各作業所の賃貸契約、各種投資事項等契約事項合否・決裁
・ 備品購入、修理、修繕等の合否・決裁
運営委員会の企画、招聘
・ 作業所連絡委員会の監督
・ 通所者、指導員の相談、問題点の聴取と対応
・ ボランティアとの交流

平成30年度NPO法人明石ともしび会活動方針
1. 通所者の利益を第一に考えた作業所運営
2.作業所通所者、指導員との意見交換を積極的に行う。
3.家族会とのあり方、協力体制の構築、職員の資質向上に努める。
4.正会員及び賛助会員の拡大に努める

【平成30年6月12日(火)13:30よりNPO法人明石ともしび会、家族会の合同総会を複合型交流拠点ウィズあかし(アスピア明石 北館 7階学習室1)にて開催しました。 】



平成30年度のNPO法人明石ともしび会総会

6月12日(火) 第10回総会①議案審議②講話『誰もが自らの人生の主人公~精神障がいを持つ本人や家族との30年間の追体験を通して~』
講師 青木聖久氏(日本福祉大学 福祉経営学部 医療・福祉マネジメント学科 教授)

明石ともしび会 平成30年度 運営委員会予定

実施月日  内容 
6月9日(土)     運営委員会
7月14日(土)    運営委員会
8月18日(木)     運営委員会
9月15日(土)     運営委員会
9月22日(土)     理事会
10月13日(土)      運営委員会
10月17日(水)      合同運営委員会
11月17日(土)     運営委員会
12月15日(土)    運営委員会
1月5日(土)     新年会
1月12日(土)    運営委員会
2月16日(土)    運営委員会
2月23日(土)       理事会
3月6日(水)       合同運営委員会
3月16日(土)       運営委員会

組織
理事会役員構成
平成30年度の理事を紹介します。(任期は2年です)

役職名氏名
理事長南部 和幸
副理事長岩永 静子
理事藤田 真須美
理事西 節子
理事吉田 静一郎
監事白井 政敏

             

各種リンク

理事会開催通知
運営委員会開催通知
研修、行動記録
明石ともしび会家族会

3つの作業所を運営しています。
  コスモス共同作業所 ふれあい作業所 さくら工房

アクセス

〒673-0871
明石市大蔵八幡町 7 - 11
TEL・FAX 078-912-4433

  • NPO法人明石ともしび会 - 山電大蔵谷駅2号線側出口西隣 / JR明石駅から1400m

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional